エレムノピゲ

a0049356_11314029.jpg

A. eremnopyge。エレムノピゲという記述の音感もラテン語の意味もイケテいないが(ってことあるごとに言っているな)魚自体は大変素晴らしい。初めて入手した個体は子が採れることなく落としてしまった。その個体がかなり良かったので次なる個体の導入には二の足を踏んでいたのだ。

 写真の個体は昨日導入したもの。ワイルドで入手するエレムノピゲには地域変異と思われる差異が見受けられる。今回入手の個体は以前の個体と比べると見劣りするものの、タイプとしては同じか、近いものだと見受けられる。鰭はもう少し伸びて欲しいところ。
[PR]
by kentama0318 | 2005-11-20 11:48 | アピスト


<< A. sp. コアリ 想い続けていること。それを人に... >>