アピスト2新種の記載

新種2種が記載されていることに気付く。Apistogramma anguayara はペルテングループに属し記載されているアピの中では最小(”Balzfleck”の仲間?)。Apistogramma salpinction はカカトグループでマットグロッソ州のクイアバとパラ州のサンタレンを結ぶBR-163沿いのRio Trombetasで捕れるらしい。背鰭が伸びるとある。こんなところにそんなのいたっけ? って、両都市をまっすぐ結んでいるとは限らんか。いずれにしてもアブストしか読めないので良くわからない。ググッてみたけど英語の説明は無し。ドイツ人たちが何やら議論しているが、くそう、独語を英語に自動翻訳してから読む気力が今は無いぜ。
[PR]
by kentama0318 | 2005-10-24 00:03 | アピスト


<< Pelvicachromisの2新種 Victoriano騒動から色... >>